キャッシングon-学生ローン
 
メニュー
 
ホーム
キャッシング比較
お申込みについて
ご返済について
よくある質問
キャッシング豆知識
こんな話に注意
学生ローンについて
関連情報
リンク
 
キャッシング・オン
キャッシングトリビア
 
キャッシングには意外と知られていないトリビアがいくつかあります。
知って得する情報・知らないと損をする情報・こちらでは明日からでも使えるキャッシングトリビアをいくつかご紹介致します。

トリビア1

 キャッシングローンにもクーリングオフは適用できる?

クーリングオフとは商品が存在し、認められた期間内であればその商品を返品することで契約を解除できる権利のことです。
これは、その商品を実際に使ってみて納得できない場合に、消費者を保護する為のものです。商品では実際に使ってみないとわからない部分も多くある為、クーリングオフという制度ができたのです。
ではキャッシングの場合はどうでしょうか?
キャッシングの場合、商品はお金です。お金は使ってみないとその商品価値がわからないということはありません。
また、金銭消費貸借契約においては、お金を貸すということは期限の利益というものが貸金業者側に発生します。貸金業者ではお金を貸せばその分利息収入を得ることができます。
個人投資家等ではそのお金を何かに運用することで利益を得られることもあります。
これを期限の利益というわけですが、例え7日間などの短い期間でも期限の利益は確保されるべきです。貸金業法においてもクーリングオフ期間を設けなければならんいという規定はありません。したがって義務付けられてはいませんが、最近では一週間ノーローンとか、一週間お試しキャッシングなど、一定の期間内であれば利息が掛らない金融商品もたくさん出ています。貸金業者によっては、自主的にクーリングオフ期間を設けているところもあります。

トリビア2

ある人物から名義を貸してほしいと頼まれた。
その際にカードと暗証番号も渡してしまい、勝手にカードを使われてしまいました。この場合、自分が返済しなければならないのでしょうか?

カードと暗証番号をセットで渡してしまうという行為は、その人に自由に使って良いと言っているのと同じことです。当然その債務は貸金業者との契約者ということになります。
したがって返済の義務は当然のことながら発生します。
契約書の契約約款等にカードの譲渡を禁止する注意事項が書いてあると思いますので、契約書の控えなどがあれば一度見てみて下さい。
カードは絶対に他人に渡すようなことは、どんな理由があってもしないで下さい。

トリビア3

 目的ローンは得だと聞きましたが、具体的にどのような特典がありますか?

目的ローンはその使途さえきちんと証明でき、かつ、消費者金融や学生ローンで承認する目的の場合に適用できます。
特典としては、
@低金利で借りられる
A多少大目の額でも借りられる
の2点があります。
しかしデメリットもあり、追加で借り入れた場合、新たな契約となってしまう為、目的ローンでの契約がリセットされ、根こそぎ通常金利となってしまうことがよくあります。
このあたりは後々トラブルとなりやすい問題ですので、事前に担当者からよく話を聞いておいて下さい。
契約約款・契約条項等には必ず記載されているはずですが、細かい文字がゴチャついている為、契約時になかなか読むことは少ないと思います。
気になる点は事前にメモにまとめておき、申込み時によく相談するようにした方が良いと思います。