キャッシングon-学生ローン
 
メニュー
 
ホーム
キャッシング比較
お申込みについて
ご返済について
よくある質問
キャッシング豆知識
こんな話に注意
学生ローンについて
関連情報
リンク
 
キャッシング・オン
学生ローンについて
 
学生ローンは一般の消費者金融が学生を顧客対象としない中で、唯一学生向けのキャッシングを取り扱う専門業者です。
著名な消費者金融に何社か申込みはしたものの、全て断られたという学生さんが容易にキャッシングができるという点が評判となり、今や日本中の学生さんがインターネットなどを通じて学生ローンを利用しています。
「容易に審査が通る」という表現を用いましたが、実際は他社での利用状況や収入などきちんと調査した上で貸し付けを行っていますので、だれかれ構わず貸し付けをするという意味ではありません。
学生ローンが学生に対して貸し付けを実行するにはそれなりの理由があります。
一般のサラリーマンや公務員などの社会人を対象とする消費者金融は大手には適いません。利用する側も「怖い」というイメージがあり、どうせ借りるなら有名なところでキャッシングするのが普通だからです。
しかし学生というマーケット層は大手消費者金融が参入していない為、顧客層の分散を図ることで学生ローンは成長していきました。
また、一部上場企業に努めるサラリーマンや公務員などは利用限度枠も優遇される傾向にある為、多重債務者になりやすいという欠点も指摘されているところです。
ところが学生は多重債務者になりようがない為、貸し倒れリスクが低いという現実もあり、こうしたことが学生ローンが成長した要因となっているのです。
(学生ローンMAXより引用)

近年の学生ローン

ところで「学生ローン」という言葉はみなさん知っていましたか?
今から10年以上も前は誰も知りませんでした。
もともと業者側が作り出した造語であり、社会に浸透するまで25年以上もの長い年月が掛っているのです。
最初は近隣在住者のみを扱っており、振込みローンはまだ存在しない時代でした。

1人の地方在住者から波及
やがて新商品が開発されるようになり、1990年代に入ってようやく振込みキャッシングが導入されるようになりました。
この商品は全国に市場を拡大するものとして期待が持たれましたが、それを知らしめる術がなく、利用価値のほとんどないものとなりました。
そんなある日、たまたま東京に遊びにきた1人の学生が学生ローンを利用し、そのことがきっかけで地元の学生への口コミがひろがり、やがて全国区にまで知られるようになったのです。まるでアダムとイブみたいな話ですが、小規模の企業が全国に知られるようになるということはこんなもんなんだと思います。

アナログからデシタルへ新時代の幕開け
20世紀も残すところあと2年、そんな時代にインターネットという怪物メディアが登場しました。それまでのパソコンは起動するだけで何十分も掛ったり、とにかく手間が多く素人には手が出せるものではありませんでした。
Windows98の登場は、PC業界だけではなくあらゆる業界に大きな影響力を持つこととなったのです。アナログからデジタルへの進化は、学生ローンにとっても全国メジャーデビューの扉が開いた瞬間だったのです。